POTAの活動に賛同される方のみご利用頂けます。 迷惑書き込み防止のため、管理者が確認してから反映されるため、半日~1日遅れます。

精神科作業療法 何でも相談

精神療養病棟での精神科作業療法算定に関して - はちみつ

2019/02/12 (Tue) 22:07:02

過去ログなどいろいろ調べたのですが、わからなかったので質問させていただきます。
精神療養病棟に配属されているOTRは、精神科作業療法を実施して請求することはできないとされていますが、疑義解釈などの公的な文章での通知はあるのでしょうか?
また、配置基準として配置されている以上、算定が出来ないという理解で正しいのでしょうか?

Re: 精神療養病棟での精神科作業療法算定に関して - たかりん

2019/02/16 (Sat) 17:44:55

 精神療養病棟の基準に関しては「常勤の作業療法士」とあるだけで「専従・専任」に関して触れていないために、いろいろな解釈があるのだと思います。
 人によって「専従要件がないので兼務が可能」と解釈することもあり、適時調査などで見逃されると「指摘されなかったので認められた」と自信を深めるという話も聞いております。

 確かにどこにも「不可」とは書いてありませんし、実際に請求して返戻になったという厚生局の適時調査の記録も見たことがありません。
 
 平成30年の改定で認知症治療病棟の作業療法士が精神科作業療法を算定できるとしたのは、もともとの施設基準に「専従する作業療法士」とあったため敢えて疑義解釈で補足したのではないか、だとするともともと専従要件のない精神療養病棟の作業療法士は兼務できるのでは?と考えても不思議ではありません。

 ですが私は、精神療養病棟に常勤なのだから「常に病棟での業務をする」として、兼務はできないと解釈しており、基準を緩める際に、常勤専任などして兼務を認めるものがありますが、それはあくまでも例外と捉えています。

 ということで、あとはそれぞれの病院の判断になってしまうかと思います。
 すこしでも無駄?をなくして収益を上げたいと考える施設では厳しい注文があるかもしれませんね。
 

名前
件名
メッセージ
メールアドレス
URL
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.