POTAの活動に賛同される方のみご利用頂けます。 迷惑書き込み防止のため、管理者が確認してから反映されるため、半日~1日遅れます。

精神科作業療法 何でも相談

名前
件名
メッセージ
メールアドレス
URL
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

医師の診察と精神科作業療法の時間について - プラット

2018/05/26 (Sat) 16:45:25

精神科療養病棟にて医師が診察している近くで精神科作業療法を実施しています。診療点数は両方(精神療法1と精神科作業療法)を算定しても大丈夫でしょうか?

Re: 医師の診察と精神科作業療法の時間について - たかりん

2018/05/27 (Sun) 11:32:29

近くとは精神科作業療法の時間と精神療法を行っている時間が重なるということですか?

重なっているのであれば精神科作業療法の2時間を満たしているかが判断基準です。
例えば精神科作業療法を2時間30分行っていて、その途中で10分間抜けても一応OKだと思います。(このあたりは判断する担当官によるので絶対とは言えません)

Re: Re: 医師の診察と精神科作業療法の時間について - プラット

2018/06/02 (Sat) 16:33:23

ありがとうございます。時間は問題ないと思います。

病棟OT活動と作業療法室の面積 MR

2018/05/31 (Thu) 18:33:38

病棟でのOT活動で、A病棟で10名、B病棟で10名、C病棟で28名という3つのグループを同時に別々の空間で別々のOT活動を実施した場合、法的に作業療法室は、何㎡必要でしょうか? やはり4単位の200㎡しょうか?、それとも合計した58名で3単位の150㎡でしょうか?

Re: 病棟OT活動と作業療法室の面積 - たかりん

2018/06/01 (Fri) 11:38:28

悩ましいところですね。

問題となるC病棟の28名グループをどう考えるか。
同じ内容のプログラムを同じ時間に行うと考えると、やはり2単位(OTRも2名)で行われていると考えざるを得ないですね。

そもそもの施設基準が
1単位=OTR1名=50平方メートル=25名
として全てが結びついているならば26人以上が同時に行われる場合は100平方メートル以上の広さがある場所に限られます。

施設基準の届出がOTR2名で、専用施設が70平方メートル+30平方メートル=100平方メートルとして認可されるかどうか(厚生局によって解釈が違うようです・・・)
これが認められるならば26人で行われるプログラムに必要な面積が全く分からなくなります。(患者一人あたり2平方メートルとしてくれた方がスッキリしますね)

答えになっていなくて済みません。
グレーゾーンです。

精神科療養病棟の専従OTについて - いし

2018/05/23 (Wed) 11:11:08

 精神科療養病棟の専従OTは、病棟の勤務表に名前がない場合、厚生局の指導で指摘されるのでしょうか。
 現在、OT科の勤務表のみで、病棟に名前があがっていない状態です。
 病棟の勤務表に名前を入れる場合、OT科の方は重複して名前を入れる必要はないのでしょうか?また、認知症治療病棟の専従OTの場合も同様でしょうか?
 勉強不足ですみません。

精神科作業療法の算定について - パーコ

2018/05/22 (Tue) 21:54:18

当院は4月に新人OTが増え、専従1名と2名で精神科作業療法を実施しています。OT室は80c㎡なので1単位です。確認したい事ですが、専従OTが有給で休みの場合、その日は新人OTが精神科作業療法を実施しても算定できないで良いでしょうか?

Re: 精神科作業療法の算定について - たかりん

2018/05/23 (Wed) 10:55:31

確認です。
1.「専従OT」というのは精神科作業法の専従という意味ですか?
2.新人のOTさんは精神科作業法の施設基準に配属されたのですか?
3.パーコさんが「算定できない」と考えたのは何故ですか?

認知症の外来OT - あるOT

2018/05/02 (Wed) 17:00:36

はじめまして

唐突ですが、ご質問があります。

多くの病院で外来OTも積極的に取り組んでおられることと思いますが・・・私の認識の確認も含めて質問いたします。
私の中では・・・【精神科作業療法】は診断名【認知症】では取れないという認識があります。10年以上も前の話なのかもしれませんが・・・

認知症に特化した外来精神科作業療法は【精神科作業療法】としての診療報酬点数請求が可能なのでしょうか?

Re: 認知症の外来OT - たかりん

2018/05/23 (Wed) 10:49:11

時間が経ったので、すでに解決しているかもしれませんが。

精神科作業療法の対象は「精神疾患を有するもの」であり、『精神疾患とは、ICD-10(国際疾病分類)の第5章「精神および行動の障害」に該当する疾病又は第6章に規定する「アルツハイマー病」、「てんかん」及び「睡眠障害」に該当する疾病をいう。』とされていますので、診断名が認知症であっても対象になります。

専任・専従について - きたろう

2018/04/23 (Mon) 00:15:20

初めて相談させて頂きます。

当院には精神科病棟、精神科療養病棟、認知症治療病棟の三病棟があるのですが、各病棟での作業療法士の立場がどの様になっているのか不明確で自分でも調べてみたのですが、認識に不安が残るのでご指導頂きたいと考えました。

精神科病棟・・・施設基準に記載なし(各病棟でOT実施し、算定可)
精神科療養病棟・・・専従(病棟に常勤、自病棟でのOT算定不可)
認知症治療病棟・・・専従(病棟に常勤、1年以内の入院患者に限り自病棟でのOT・認知リハが算定可能になった)

という認識なのですが如何でしょうか。
勉強不足でお恥ずかしいのですが、宜しくお願い致します。

Re: 専任・専従について - たかりん

2018/04/23 (Mon) 09:40:03

今回の改定の疑義解釈で余計分からなくなったように思います。

改定で明示されていることがらとして
1)精神科作業療法の専従OTRはプログラム実施時間以外であれば、DC・SC・NC・DNC・認知症DCで従事することが出来る
2)認知症患者リハビリテーション料は週3日以上かつ週24時間以上の勤務をしている複数の非常勤職員を組み合わせた常勤換算でも配置可能

この2点以外には私は見つけられませんでした。
ですから、疑義解釈で認知症治療病棟に専従するOTRが精神科作業療法や認知症患者リハビリテーション料を算定できると判断したのか分かりません。まして、疑義解釈を根拠に精神療養病棟のOTRも精神科作業療法を算定できるとはいえないと感じています。

ただ現時点での私の個人的な見解(対応)としても、きたろうさんの書かれたとおりだと思います。
ただ認知症治療病棟の精神科作業療法に関しては1年以上でも算定は可能だと思います。

実際に当院でも疑義解釈に書いてある内容に従って、認知症治療病棟で精神科作業療法を請求する方向で当院も進めております。

Re: 専任・専従について - きたろう

2018/04/24 (Tue) 08:14:07

今回の改訂と疑義解釈で方々で混乱が見られますね。
当院も、現場・経営陣共に浮足立っていまして、まずは足元の再確認をと思いました。
丁寧なご指導を頂き有難う御座います。

精神保健指定医について - よしだ

2018/04/16 (Mon) 10:59:12

初めて相談させて頂きます。

来月当院の精神保健指定医が急な退職をする事となりました。
これにより、1~2月程度指定医が不在となる見込みです。
精神科作業療法の指示や定期的な診療は、指定医以外の精神科医でも可能でしょうか?
ご指導の程よろしくお願い致します。

Re: 精神保健指定医について - たかりん

2018/04/16 (Mon) 13:02:30

精神科作業療法関連では、特に指定医である必要はありません。
医師なら誰でも良いですよ。

精神療養病棟の記録について てつ

2018/04/11 (Wed) 18:53:04

初めて相談をさせていただきます。

精神療養病棟専任作業療法士の記録はどこまで必要なのでしょうか?
いくつかの病院に伺ったのですが、記録は全くないという病院と、計画書・日々の経過記録・経過報告書等使用している病院とあり、どうするのがよいのかOT室全員で頭を抱えています。
ご指導のほど、よろしくお願いいたします。

Re: 精神療養病棟の記録について - たかりん

2018/04/12 (Thu) 09:10:25

 精神療養病棟での作業療法士の役割については、一切明示されているものはありませんので、記録がないところも多いと思います(当院も・・・)

 個人的には、記録に時間を取られなくて済むならそれに越したことはないと思いますので、余り気にせずに目の前の患者さんのことだけに集中するのも良いのではないでしょうか。

 厚生局の指導等を気にされているのであれば、精神療養病棟の勤務表に担当OTRの名前がしっかり入れておくことは大切かと思います。

Re: 精神療養病棟の記録について てつ

2018/04/13 (Fri) 06:19:37

ご返信ありがとうございます。
そうなんです。記録を用意するとそれにかなりの時間を割くことになり、結局患者さんに関わる時間が無くなってしまい、本末転倒だというジレンマを皆が抱えることに…。
ご返信内容を参考に今一度皆で書類について検討してみようと思います。

お忙しい中返信をしていただき、ありがとうございました。

精神療養病棟専任スタッフについて - けんじ

2018/04/04 (Wed) 12:59:06

今回の診療報酬改定で、疑義解釈によると、認知症疾患治療病棟の専従スタッフが行っても、精神科作業療法の点数請求が可能になったようですが、精神療養病棟の専任スタッフが行った作業療法についての点数請求は可能でしょうか?
精神科専門療法の専従要件の緩和ともからめて、この点がどうなるのか伺いたいです。どうぞよろしくお願いいたします。

Re: 精神療養病棟専任スタッフについて - たかりん

2018/04/05 (Thu) 10:02:31

認知症の掲示板でも話題になっています。
中途半端な疑義解釈が出され、かえって迷惑!という感じですね。施設基準の変更がないのに解釈を変えて、以前との整合性がとれなくなっているところだと思います。

せっかくですから、今回の疑義解釈をじっくり読み込んでみます。

問117 生活機能回復のための訓練及び指導として認知症患者リハビリテーション料又は精神科作業療法(以下本問において「認知症患者リハビリテーション料等」という)を算定する場合、当該病棟に専従する作業療法士が提供した認知症患者リハビリテーション料についても算定可能か。
(答)可能。

上記を読むと「認知症治療病棟に専従する作業療法士が認知症患者リハビリテーション料を算定できる」と解釈できます。
ですが、精神科作業療法については、「(以下本問において「認知症患者リハビリテーション料等」という)」とあるのに、最後の文章には「当該病棟に専従する作業療法士が提供した認知症患者リハビリテーション料について」とだけで「等」の文字がありません。
たかが「等」の文字ですが、これが重要です。
厳密に読むと、精神科作業療法を算定できるとは一言も書いていないことになります。

さらに、H28年の改訂時には「認知症患者リハビリテーションに専従の作業療法士として、認知症治療病棟入院料に専従の作業療法士を届け出ることは可能か → 不可」と明記されていました。それが今回算定可能と判断する施設基準の変更がありません。
強いていえば、認知症患者リハビリテーション料の施設基準に「なお、週3日以上常態として勤務してお
り、かつ、所定労働時間が週24 時間以上の勤務を行っている専従の非常勤理学療法士、非常勤作業療法士又は非常勤言語聴覚士をそれぞれ2名以上組み合わせることにより、常勤理学療法士、常勤作業療法士又は常勤言語聴覚士の勤務時間帯と同じ時間帯にこれらの非常勤理学療法士、非常勤作業療法士又は非常勤言語聴覚士がそれぞれ配置されている場合には、それぞれの基準を満たしていることとみなすことができる。」
とありますので、非常勤の常勤換算をして余分な時間分で兼務することが可能?と解釈できそうですが・・・。

長々と引用ばかりで恐縮ですが、結局疑義解釈の根拠が不明確なので、アドバイスも何もできないというのが現状です。

ただ、上記にも書きましたが「等」の重要性として、今回精神科作業療法の記載が「診療録等」と「等」の文字が入ったことで、業務の流れが大きく変わることもある例かと思いますので、やはり基準に関しては一言一句もしっかり見過ごさないことが大切かと思います。

Re: Re: 精神療養病棟専任スタッフについて - けんじ

2018/04/05 (Thu) 17:41:35

ご丁寧な返信ありがとうございました。
なかなか曖昧でむずかしい問題ですね。

Re: 精神療養病棟専任スタッフについて - たかりん

2018/04/06 (Fri) 10:13:00

認知症掲示板の方でも話題になっており大切なことなので、こちらにも掲載させて頂きます。

あるかたが疑義解釈(その1)がこっそり変わっていることに気付いてくれました。

元の文は以下です。
問117 生活機能回復のための訓練及び指導として認知症患者リハビリテーション料又は精神科作業療法(以下本問において「認知症患者リハビリテーション料等」という)を算定する場合、当該病棟に専従する作業療法士が提供した認知症患者リハビリテーション料についても算定可能か。
(答)可能。

これに対して私は「等」の文字がないので精神科作業療法は兼務が難しいと書きましたが、入替された文書には「等」が書き足されていました(今霞ヶ関で流行の「改ざん」でしょうか)

ともかく、今回出された疑義解釈だけで見ると、認知症治療病棟専従の作業療法士は精神科作業療法や認知症患者リハビリテーション料での兼務が可能ということになりそうです。
ですが、精神療養病棟のOTRについては触れていないので、勝手に解釈してしまうのは危険だと個人的には考えています。(慎重すぎますか?)

Re: Re: 精神療養病棟専任スタッフについて - けんじ

2018/04/06 (Fri) 20:24:01

返信ありがとうございます。
認知症病棟の基準が、かなり緩和された今回の改定ですね。精神療養病棟については、変わらずと考えるのが、妥当なところですね、

投稿者削除 - (削除)

2018/04/04 (Wed) 17:09:08

(投稿者により削除されました)

Re: 精神科作業療法算定と、施設の面積について - たかりん

2018/04/05 (Thu) 08:16:53

精神科作業療法の施設基準は、グレーな部分がありはっきりしませんが・・・。
個人的には以下のように解釈していますので参考程度になれば。

一人の作業療法士が1プログラムで最大25人まで実施でき、そのときの専用の部屋は50平方メートル以上あること

これを前提として考えています。
ですから、3人のOTRがいても同時に行うプログラムが2つなら2単位分の100平方メートルで良い、またあるプログラムを50平方メートルの部屋で30人の患者さんを対象に2名のOTRで行っても良いと考えています。

あとは「解釈する人によって変わりうる」ので、自分たちなりの解釈を正しく主張できるように心がけておくことだと思います。

Re: Re: 精神科作業療法算定と、施設の面積について 浪花のOT

2018/04/05 (Thu) 10:09:40

すみません。誤って元投稿を削除してしまいましたが、大変参考になりました。

ありがとう御座います。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.